スフィンクスの性格・飼い方・価格

今回ご紹介をさせて頂きます猫ですが、被毛が無毛なのが特徴的な猫のスフィンクスの性格や飼い方・価格についてご紹介を致します。

スフィンクス

発祥年代 :1960年代
原 産 国:カナダ
祖   先:突然変異で生まれた無毛の猫
体   重:3㎏~6㎏
体   型:セミフォーリン
毛   質:ごくわずかな産毛が生える皮
毛   色:すべての毛色
目 の 色:毛色に準ずる

スフィンクスの性格

人懐こい性格

スフィンクスは人懐こい性格をしています。
飼い主さんの気を引こうとしたりします。
初めて会う人にも、側に近づいていきます。

好奇心旺盛

スフィンクスは好奇心旺盛な性格をしています。
遊ぶ事が大好きなので、部屋の中を走り回ったりします。

賢い

スフィンクスは頭が良くて賢い性格をしています。
しつけ等は、簡単に覚えてくれるので、飼育は簡単に出来ます。
また飼い主さんには、忠実な性格をしています。

社交性が高い

スフィンクスは社交性が高い性格をしています。
他の猫や犬等の動物とも仲良く出来る性格をしています。

スフィンクスの飼い方

スフィンクスは好奇心旺盛なので、遊ぶ事が大好きな猫です。
部屋の中を走り回ったりしますので、遊べる空間は作ってあげて下さい。

キャットタワーを設置してあげると遊んでくれるので、設置してあげる事をおススメします。
設置する場合は、転倒防止の為に足場の安定した場所に設置してあげて下さい。

棚やタンス等の高い場所にの登ったりしますので、物が落ちて怪我をしたりしない様に、荷物等は、なるべく置かない様にしてあげて下さい。
スフィンクスは無毛の為、皮膚が弱い為、他の猫よりも怪我がしやすいので、注意をしてあげる事が大切です。

スフィンクスは、無毛種の猫なので暑さや寒さ等の温度管理が苦手な猫なので、室内の温度は、適温にしてあげて下さい。

スフィンクスの被毛は、無毛なのでブラッシングは必要がありませんが、無毛の為に皮膚に油脂が溜まってしまいますので、適温の温かめのタオルで拭いてあげて、油脂と汚れを拭いてあげて下さい。
拭いても汚れが取れない場合や、適度な間隔でお風呂に入れてあげて、毛穴の汚れを
取ってあげてスッキリさせてあげて下さい。

シャンプーをする場合は、一般的に売られているシャンプーでもなるべく皮膚の刺激にならない様なシャンプーを選んであげて下さい。
動物病院で、相談をしてみるのもいいでしょうね。

猫の被毛アレルギーをお持ちの方は、被毛が産毛程度なので、あまり抜け毛が無いので、鼻が痒くなる程度の症状で済む方もいますので、重度の猫アレルギーで無い方は飼いやすい猫です。

スフィンクスの価格

市場価格は、20万円~50万円の間で販売されています。
ただペットショップやブリーダーさんによって多少の価格の変動はあるので注意して下さい。

スフィンクスの特徴

スフィンクスの特徴は、耳、足、鼻鏡の周り尻尾等には、短い毛が生えて髭と眉毛も見られます。
また被毛が短い為、体を保護する為に皮下脂肪が多く、体全体に沢山のシワがあります。
独特の顔立ちをしていて、しっとりした肌の手触りが魅力的なのも特徴的です。

被毛が少ない為、他の猫種より被毛が極端に短い為、怪我がしやすいので飼育する場合は、
注意をしないといけないです。

スフィンクスの歴史

メキシコの古い遺跡にある彫刻はスフィンクスの様に無毛の猫に見られます。

世界各地で、突然変異をした無毛の猫が生まれています。

近年のスフィンクスの基になっているのは、1960年代にカナダのトロントで、家庭猫を産んだ無毛の猫達と伝えられています。

その子猫の中から2匹のメス猫が、デボン・レックスとの交配をして子孫を残して、フランスやオランダで繁殖活動が発展されました。

1980年代にアメリカに輸入をされてTICAで公認されました。

さらにメス猫が1988年に開催されたキャットショーで(ベスト・イン・ショー)の称号を獲得すると、たちまちスフィンクスが、有名なりました。

1970年代に血統登録を開始して2001年に公認されました。

まとめ

今回ご紹介をさせて頂きました、スフィンクスはいかがでしたでしょうか。

猫種の中でも数少ない、無毛の猫種です。
性格は、犬の様に従順で、飼い主さんには愛らしく甘えてきます。

怪我がしやすい猫なので、飼い主さんがスフィンクスが、怪我だけをしない様に気をつけてあげれば、猫の飼育が初心者の方でも簡単に飼育が出来ます。

猫の飼育をお考えの方は、スフィンクスを検討されてみてはいかがでしょうか。