茶トラ猫の性格や飼い方を解説!!

日常生活の中で、よく目にする事のある茶トラ猫の性格や飼い方をご紹介をさせて頂きます。
あなたの飼っている猫もしくはこれから猫の飼育をご検討されている方にわかりやすく解説させて頂きます。

茶トラ猫の性格

甘えん坊な性格

茶トラ猫は、基本的に抱っこを嫌がるキジトラ猫やサバトラ猫と甘え方が違い抱っこを求めてくる子が多いです。

茶トラ猫は、人間に依存する子が多いので初めてくるお客さんの膝の上に乗ったり、近くに寄って撫ぜてとおねだりをする事が多い猫です。

成猫になっても甘えてくるので、初めて猫の飼育をする方には、飼いやすい猫であります。

温厚な性格

猫は、基本的に警戒心を持ち合わせている猫が多いですが、茶トラ猫は基本的に警戒心がほとんど無く気の優しい猫です。
野良猫の茶トラ猫も警戒心が少ないので、人間に近づいてくる茶トラ猫もいます。

温厚な性格をしている茶トラ猫は、多動飼育や他の動物との共存生活にも向いています。
温厚な性格をしている為、基本的には平和主義なので他の猫との喧嘩はしないで逃げていく事が多いです。

好奇心旺盛な性格

茶トラ猫は、好奇心旺盛な性格をしている子が多いです。

基本的には、遊ぶ事が大好きな子が多いです。
高い場所にジャンプをしたり、玩具を投げて咥えて飼い主さんの所に持ってきたりします。

老猫になっても好奇心旺盛な性格は変わりませんので、部屋の中を走り回ったり玩具で遊ぶ猫は多いです。

ただ茶トラ猫は、小心者の猫が多いので初めての場所には、中々近づこうとはしません。
例えば、産まれてから一度も外に出た事のない子は、ベランダや庭に出しても動かないで固まってしまいすぐに部屋に戻ってしまう子が多いです。
この行動を試す場合は、万が一の場合に備えて必ずリードをつけてからやって下さい。もしかしたら逃げてしまう場合もありますので、注意をして下さい。

茶トラ猫の飼い方

茶トラ猫は、キジトラ猫やサバトラ猫と違い警戒心が薄い猫種なので、猫の飼育が初めての方でも簡単に飼育が出来る事が出来ます。

好奇心旺盛な猫でもありますので、高齢になっても部屋の中を走り回ったり、玩具で遊びますのでいつまでも飼い主さんを癒してくれる猫種でもあります。

茶トラ猫は、臆病な面もありますので、少しの物音でも過剰に反応をしてしまう事もあります。
平和主義の猫なので、基本的には喧嘩をあまり好まないので、喧嘩をする事はあまりありません。他の動物とも上手く暮らしていける動物なので、多動飼育を考えている方には、おススメな猫です。

茶トラ猫は、運動が好きなので、部屋にキャットタワーを設置してあげると上り下りの運動をするので肥満対策やストレス対策になるので設置してあげる事をおススメします。
飼い主さんと遊ぶ事も大好きなので、玩具で遊んであげて下さい。玩具を投げると咥えて飼い主さんの所に持ってくる猫もいます。

茶トラ猫は、食べる事が大好きな猫なので食べすぎには、気をつけてあげる事が大切です。太りやすい体質なので食事の管理には気をつけてあげないといけません。肥満になってしまうと糖尿病や心臓病になってしまう可能性があります。

太らせない為には、運動や食事管理をしっかりしてあげないといけません。

茶トラ猫の特徴

茶トラ猫の被毛は茶色い被毛をしていてサバトラ猫の様にキジトラ猫が先祖だと言われています。
キジトラ猫の様に野性的な本能は、薄くなってきていますのでキジトラ猫よりも飼いやすい猫種ではあります。

茶トラ猫は、オス猫よりもメス猫の方が出生率が少ないのでメス猫は珍しいです。

 

茶トラ猫の歴史

茶トラ猫は、サバトラ猫と同じで先祖のキジトラ猫と外来種の猫や日本猫との交配で誕生したと言われています。

交配が何回も続いていくうちにキジトラ猫の被毛色が薄くなって、茶色の被毛色に変っていき現在の茶色の被毛色になったと言われています。

キジトラ猫の様な野性的本能が、ほとんど無くなってしまった為、警戒心が薄くなってきたので自然界の生活にはあまり適していないので、現在ではペットとして家庭猫になって飼われる事が主流となっています。

茶トラ猫は、戦後から莫大に増え続けています。ただ茶トラ猫は、オス猫よりメス猫の方が出生率が低いのでオス猫の方が多く生存しています。

猫の歴史では、キジトラ猫よりも新しいと言う事になります。

まとめ

茶トラ猫は、猫の飼育初心者の方でも簡単に飼う事が出来るのでおススメな猫です。

ペットショップでは、茶トラ猫を買う事が出来ないので、地域の保健所や里親募集で飼う事が簡単に出来ますので探してみてはいかがでしょうか?

他の猫種と違い病気にも強いので、室内のみで飼育をした場合は、猫の平均寿命より飼い主さんを癒してくれる茶トラ猫は多いです。

茶トラ猫を飼育した場合は、最後まで面倒をみてあげる様にあげて下さい。