猫の飼育

猫が掃除機を嫌がる理由を解説!!

今回ご紹介をさせて頂きますのが、ご自宅で猫を飼われている方なら一度は目にした事があるのではないでしょうか?
猫がそばにいる時に掃除機をかけるとその場から素早く居なくなる事はないでしょうか?

今回は、猫が掃除機を嫌がる理由について解説をさせて頂きます。

猫が掃除機を嫌がる理由

掃除機の音が嫌い

猫は、目や鼻より耳(聴力)が優れています。
耳(聴力)は、音を聞き分けが出来る位発達をしています。
猫の聴力は、人間の2.5倍聴力が優れているので、掃除機の音が我慢出来ないくらいの騒音に聴こえてしまうので掃除機の音が聞こえない場所に移動してしまいます。

掃除機の大きさが敵に見える

猫にとって掃除機は自分より大きく見える為、敵に見えている為攻撃をしてくると言われています。

猫にとって掃除機は、掃除機の大きさにもよりますが猫には、得体のしれない大きな敵が音を出して攻撃をしてくる様に思うので、自分を守る為に掃除機を攻撃をしてくる猫が多いです。

掃除機を使用する時の注意点とコツ

猫の通り道を確保する

掃除機をかける時には、必ず猫が逃げれる様に猫の通り道を確保して掃除機をかける様にして下さい。
逃げ道を確保しないで掃除機をかけると猫は、慌てて逃げる時に掃除機にぶつかったり、物にぶつかって怪我をしてしまう恐れがあるので、必ず通り道を確保してあげて下さい。

確保が難しい場合は、猫が避難が出来る高い場所を確保してあげる事が大切です。
どちらも困難な場合は、猫にストレスを与えてしまう恐れがありますので、注意をして掃除機をかける様にして下さい。

音の音が小さい掃除機を使う

掃除機の音や大きさで猫は、掃除機を嫌いますので、出来るだけ音の小さい掃除機を使う事をおススメします。
音が小さい掃除機だと極端に掃除機を嫌がる事が少なくなります。
ただ個々の性格にもよりますので、絶対に嫌がらない訳ではありませんので注意して下さい。

掃除機を嫌がらない猫と生活をさせる

この方法は、あくまでも先住猫が掃除機を嫌がらない場合に出来ます。
掃除機を嫌がらない猫と一緒に生活をしていくと掃除機を恐れる事が少なくなり掃除機を近くでかけていても逃げない場合もあります。

この方法は、猫の学習を利用した方法になります。
先住猫が、掃除機を怖くないと思っているので後からきた猫も掃除機が怖い物ではないと学習してもらう方法になります。
たたしこの方法も個々の性格によりますので確実に掃除機を嫌がらない方法ではありませんので、注意をして下さい。

掃除の仕方を変える

掃除機をなるべく使わずに、大きいゴミや猫のトイレの砂は、掃除機を使わずに掃き掃除をする様にして、床はなるべく雑巾やウエットシートで拭いてあげる事で掃除機を使う時間が大幅に減らす事が出来るので、猫にストレスを与えずに掃除をする事が出来ます。

この方法で掃除をすると、掃除機を使っていた時間よりも大幅に時間がかかってしまうのが難点ですが、猫の事を考えるなら一番の方法ではないでしょうか?

掃除を時短化する

掃除方法を時短化するのも一つの方法でもあります。
例えば、掃除機をかける場所を毎日全部の部屋をかけるのではなくて、部屋をいくつかの区画にわけて、区画ごとに毎日掃除機をかける事で掃除機のかける時間を時短化出来るので、猫に与えるストレスの時間を軽減させる事が出来ます。

この方法だと掃除機のかけない部屋は、掃き掃除が必要になりますので面倒な面もあります。

掃除機をルンバに変える

掃除機をルンバに変える事で、掃除機の音が小さくなるのと猫にとっては玩具にも見えるので、ルンバで遊ぶ事もあります。
最近よく動画で目にする事があるかと思いますが、猫がルンバに乗って遊んでいる動画がよくあがっているくらいなので、おススメ出来る方法だと思います。

ただしルンバで遊んでくれるかどうかは、個々の性格にもよりますので絶対に遊んでくれる訳ではありませんのでご注意をして下さい。

まとめ

今回は、猫が掃除機を嫌がる理由と解決策をご紹介をさせて頂きましたが、今回ご紹介をさせて頂きました方法は、あくまでも一例なので必ずしも大丈夫という訳ではありませんので注意をして下さい。

猫の個々の性格によっても違いがありますので、色々試されてはいかがでしょうか。
猫にストレスを与えない方法を考えてあげる事も大切です。