サバトラ猫の性格や飼い方を解説!!

今回、馴染のあるサバトラ猫の性格や飼い方の解説をさせて頂きます。

サバトラ猫の性格

サバトラ猫もキジトラ猫と同じで、野生的な性格をしていますが、その中でも特長的な性格をいくつかご紹介をさせて頂きます。

神経質な性格

神経質な性格をしているサバトラ猫の場合、飼い主さん以外のお客さんの場合は、神経質なので警戒心が非常に強く隠れてしまう事が多いです。
神経質なサバトラ猫は、臆病な面もあるので、警戒心が強いのかもしれません。

特に野良猫のサバトラ猫は、警戒心が強い猫が多いです。

この性格をしているサバトラ猫は、馴れるまで適度に距離感を保つ事が大切です。
無理やり撫ぜたり、構ったりする事はストレスに感じてしまう事が多いのでなるべくそっとしてあげる事が大切です。

甘えてくる性格・人懐こい性格

警戒心が強いサバトラ猫の反対に甘えてくる、人懐こい性格をしているサバトラ猫もいます。

この性格をしているサバトラ猫は、飼い主さん以外にもお客さんのそばにも寄ってきたり、警戒をしないで寝ている場合もあります。
猫は、通常家につくと言われていますが、この性格をしているサバトラ猫は、家につくのでは無くて、人間につくと言われています。なので引越しなどで家庭環境が変わっても柔軟に対応が出来る猫が多いです。

この性格をしているサバトラ猫は、飼い主さんに構われないと強いストレスを感じてしまいますので、構ってあげる事が大切です。

どちらの性格をしているサバトラ猫でも、時間をかけて信頼関係を築く事で徐々に飼い主さんに甘えてくれる様になります。

サバトラ猫の飼い方

サバトラ猫の飼い方は、その猫の性格にもよりますが、基本的には根気よく信頼関係を築く事が大切です。

サバトラ猫の性格が警戒心が強い場合は、臆病な性格をしている為警戒心が強いので、サバトラ猫の方から近づいて来るのを待つことが一番大切なので、あまり構わないでそっとしてあげて下さい。

サバトラ猫の性格が、甘えてくる性格の場合は、人間が大好きなので構ってあげる事が大切です。構わないとストレスの原因になってしまいます。
ただし、あまりしつこく構うと逆にストレスを感じてしまう場合もありますので、適度に構ってあげる事が大事です。

サバトラ猫は、基本的にキジトラ猫と同じで野生の血が濃いので運動や狩りを好んでしたりしますので、キャットタワーや爪とぎ等を設置してあげて運動をさせる事や飼い主さんが一緒に玩具を使って遊んであげる事は大切です。

餌も良く食べる子が多いので、餌の量は適量で1日に決まった回数や量をあげて下さい。
サバトラ猫は、他の猫と違い太りやすい体質をしていますので食事には気を付けてあげる事が大切です。

餌もなるべく、猫自体、穀物類の消化がしにくい動物なので動物性たんぱく質が豊富で穀物類を使用していないグレインフリーのキャットフードがおススメです。

サバトラ猫は、基本的にペットショップ等では販売はしていませんので、サバトラ猫を飼っている知り合いから子猫を貰うか、保健所から引き取ってくるか、里親募集サイトから譲渡をしてもらう事で飼う事が出来ます。

野良猫を保護して飼う事も可能ですが、野良猫の場合は特に警戒心が強いので、飼い主さんに慣れてもらうのには特に時間が掛かってしまいます。

野良猫の子猫を保護する場合は、保護する前に子猫の近くに母猫がいないかを必ず確認する事が大切です。近くに母猫がいた場合に保護をした場合、母猫から攻撃をされる場合がありますので、母猫が近くにいた場合は、なるべく保護はしない方がいいでしょう。

野良猫を保護した場合は、家に連れて帰る前に動物病院で検査や診察をしてもらう事をおススメします。

サバトラ猫の歴史

サバトラ猫は、キジトラ猫が外来種の猫や日本猫との交配で誕生したと言われていますので、キジトラが先祖だと言われています。

交配が続いてキジトラ猫の被毛の茶色模様が薄くなって、灰色の模様が強くなって今のサバトラ猫の模様になってしまったと言われています。

キジトラは、茶色の被毛をしている事で自然界の生活に適した模様をしていますが、サバトラは、灰色の被毛をしている為、基本的に自然界の生活には向いていない為、自然界では生きていけないので、ペットとして飼われる事が主流となりました。

サバトラ猫は、戦後に外国から持ち込まれた猫との交配が原因で莫大にサバトラ猫の頭数が増えたと言われてます。

猫の歴史では、キジトラ猫よりも新しいと言う事になります。

サバトラ猫の特徴

サバトラ猫は、魚の鯖と似ている色をしています。
鯖は体が灰色ですが、サバトラ猫は被毛が灰色で細い線が入っています。
同じ母猫から産まれてきた子猫の被毛の柄は、異なる被毛の柄をしています。

サバトラ猫とアメリカンショートヘアは似ていると言われていますが、大きな違いがあります。
大きな違いは、サバトラ猫の方が細い線の模様をしていてアメリカンショートヘアは太い線が入った模様の被毛をしています。

サバトラ猫は、キジトラ猫と違いキジトラ猫の方が基本的に野生に近いですが、サバトラ猫の場合だとキジトラ猫や外来種の猫との交配で誕生したので、おとなしい性格をした猫の方が多いです。

まとめ

サバトラ猫は、キジトラ猫が先祖なので、基本的には性格や見た目は似ていますが、見た目の違いは、キジトラ猫の方が茶色の被毛をしていてサバトラ猫は、灰色の被毛をしています。
茶色の被毛が少しでもあった場合は、キジトラ猫の分類に入ってしまう為、純粋のサバトラ猫は、希少価値が高いと言われています。

あなたが飼われているサバトラ猫に茶色の被毛は無いでしょうか?
確認をしてみてはいかがでしょうか?

もし茶色の被毛があったとしても、サバトラ猫やキジトラ猫は、どちらとも日本猫の猫に変りはありませんので大切にしてあげて下さい。