ペット

アメリカンショートヘアの性格・飼い方・価格

日本でも古くから人気の高い猫種の中からアメリカン・ショートヘアの性格や飼い方、価格を紹介していきたいと思います。

アメリカン・ショートヘア

発祥年代 :1600年代中期
原 産 国:アメリカ
祖   先:ヨーロッパからもたされた短毛の家庭猫
体   重:3㎏~6㎏
体   型:セミコピー
毛   質:短毛、硬いがなめらかな感触で、密生している
毛   色:多数
目 の 色:毛色に準ずる

日本でも家庭猫で人気のある猫種の一つでもあるアメリカン・ショートヘアー古くから輸入され人気を集めているアメリカンショートヘア。
この記事ではアメリカン・ショートヘアの性格や飼い方や値段、歴史などについて詳しく解説していきます。

アメリカン・ショートヘアの性格

人に懐きやすい

アメリカン・ショートヘアは素直な性格の上、人に懐きやすい性格をしています。
ただ警戒心がある為、撫ぜられる事は大好きですが、抱っこをされる事を、嫌がる猫もいます。

友好的な性格

アメリカン・ショートヘアは友好的で穏やかな性格をしています。
猫同士の多動飼いももちろんの事、他の動物とも多動飼いが出来る猫種になります。
また、人間の子供とも上手くつきあえる性格をしているので、子供とも遊ぶ事があります。

運動能力が高い

アメリカン・ショートヘアの先祖が元々、ネズミ狩りハンターであった為運動能力は、高いです。
なので、好奇心旺盛な猫種でもあります。

賢い

アメリカン・ショートヘアは、賢い性格です。
トイレのしつけは、トイレの場所をすぐに覚えます。
人間の言葉も理解する事があり、名前を呼ぶと呼んだ人の側に来たりします。

環境の変化にも順応出来る

大概の猫種は、環境の変化を苦手とする猫種が多い中アメリカン・ショートヘアは環境の変化に順応出来ます。
一緒に出掛ける事や引っ越し等で違う家に変っても、きちんと順応が出来る猫が多いです。

遊ぶ事が好き

元々先祖が、ハンターだったので狩りの真似をして遊ぶ事が好きです。
動く物には、過剰に反応して遊びます

アメリカンショートヘアの飼い方

アメリカンショートヘアの運動量・遊び方・環境

アメリカンショートヘアは運動量が豊富なので。
運動量が非常に多いので、たっぷり運動をする事が出来る環境を作りましょう。

遊び方も、元々ネズミ狩りをしていた猫なので、おもちゃを使ったハンティング遊びも必要です。

運動量や遊びんであげる量が減ってしまうとストレスが溜まってしまうので、イタズラが増えたり、家具や壁を傷めたりなどの問題行動が出てきますので、毎日たっぷり遊んであげる事でストレス解消をしてあげてください。

運動量が多いので、キャットタワーを設置したり猫が自由に走れる広い空間を作ったり、段ボール等でちょっとした猫が隠れる事が出来る物があると猫はハンティング遊びをよくする事が出来ます。

多動飼育をしている場合は、猫が静かに休む事が出来る場所が必要になります。
猫は寝床を何カ所か作って寝る動物なので、寝れる場所は数か所作れる様にしてあげる事をおススメします。

アメリカンショートヘアの食事

アメリカンショートヘアは運動量が多いので、ご飯を良く食べます。
与える食事はなるべく、高タンパク質・低脂肪・低炭水化物をメインに与えて下さい。

運動量が多いのと、元々ハンターでしたので筋肉質な体型をしているので、筋肉を維持する為の運動量を維持するためにも多めの食事が必要になります。

ただ、与えすぎると筋肉にならずに脂肪になってしまうので肥満には気を付けて与えてください。

肥満は体を壊してしまいます。一般的に肥満になると糖尿病や腎臓病、心臓病等の治す事の出来ない病気になる可能性もあります。

1日に食べる食事の量は飼い主さんが、しっかり管理しないといけません。

アメリカン・ショートヘアの価格

市場価格は、10万円~30万円の間で販売されています。
ただペットショップやブリーダーさんによって多少の価格の変動はあるので注意して下さい。

アメリカンショートヘアの特徴

歴史上ネズミを取っていた猫なので、足中くらいの太さと長さで、バネの様に筋肉質で足先の握りは大きく力強い。
かなり高くまでジャンプをすることが出来ます。

毛質は短毛種で、硬い毛ではあるが、なめらかな感触で密生している。
少し大きく見開かれた目形はアーモンド型の目です。

アメリカンショートヘアの寿命と体重

アメリカンショートヘアの平均寿命は12歳〜13歳といわれおり、雑種等の猫が、平均寿命が15歳前後なのに比べると、少し短命と言われています。

平均体重はメスが3㎏〜6㎏、オスが4㎏〜7㎏程度です。

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカ大陸がまだ発展してい無かった時代に、野生のリンクスやボブキャットしか居なくて、一般家庭には飼い猫がまだ飼われていなかったようです。

約400年程前にヨーロッパから新天地を求めてやって来た開拓者の人々が、様々な家畜とともに犬や猫等のペットを連れてきました。

その時開拓者が、新大陸内を旅をした時、猫達がネズミや蛇を退治して、ワーキング・キャットとして活躍を見せたそうです。

アメリカ国内に定着した普通の家庭猫の中から、たくましく性格の良い猫や美しい猫達が選ばれて、アメリカンショートヘアの基礎になったそうです。

1906年にアメリカで、設立した猫種登録協会のCFAによってドメスティック・ショートヘアの名前で登録されました。

1960年代に、アメリカンショートヘアの名称で統一され人気が定着されました。
日本にも、昔からアメリカよりアメリカンショートヘアを輸入されて、人気がありましたが、長らく毛色がシルバー・タビーのみがアメリカンショートヘアだと言われてきましたが、その後に他の毛色でブラウン・タビーやブルー・タビー等といった他の毛色のアメリカンショートヘアを輸入すると顔や体型を品種改良されて、今日でも日本でも人気の高い猫種になっています。

まとめ

アメリカンショートヘアは他の猫と比べて、運動量が多いのと食欲が旺盛な猫種です。
またアメリカンショートヘアは頭が良いのと友好的な性格なのでペットを初めて飼う方でも飼いやすい猫種になります。

アメリカンショートヘアが元気いっぱいに遊べる飼育環境を作って、肥満にならない様な食事管理をしていけば、寿命が全う出来るまで飼い主さんの心の癒しとして飼育出来ます。