ジャバニーズの性格・飼い方・価格

今回ご紹介をさせて頂く猫ですが、日本国内では入手が不可能で、アメリカ全土でも数少ない猫のジャバニーズの性格や飼い方・価格についてご紹介をさせて頂きます。

ジャバニーズ

発祥年代 :1940年代
原 産 国:アメリカ
祖   先:カラーポイント・ショートヘア
体   重:2.6㎏~4.7㎏
体   型:オリエンタル
毛   質:長毛。
毛   色:サイアミーズの4色以外のポイントカラー。タビーや複合色等数多い
目 の 色:濃いブルー

ジャバニーズの性格

好奇心旺盛

ジャバニーズは、好奇心旺盛なので、遊ぶ事が大好きな猫です。
特に高い場所にジャンプしたりして遊んだりします。

高ければ高いほど喜んでジャンプをします。

賢い

ジャバニーズは、頭が良くて賢い性格をしています。
賢いので、しつけも簡単に覚えてくれるので、楽にしつけが出来ます。

人懐こい性格

ジャバニーズは人懐こい性格をしています。
飼い主さんが大好きで、飼い主さんの側に居る事が多いです。

社交的

ジャバニーズは、社交的なので飼い主さんや飼い主さんの家族以外にもお客さんの側に行って遊んで貰おうとします。

神経質

ジャバニーズは、神経質な面があります。
環境の変化は、ストレスの原因になってしまいます。

ジャバニーズの飼い方

ジャバニーズは、高い場所で遊ぶ事が大好きな猫なので、棚やタンス等の上にジャンプをして、高い場所で遊びます。

高い場所にジャンプをするので棚やタンスの上には、物が落ちて怪我をしない様になるべく物を置かない様にしてあげて下さい。

キャットタワーを設置してあげると喜んで遊んでくれます。
キャットタワーは、背の高い物を設置してあげるといいでしょうね。

キャットタワーを設置する場合は、転倒防止の為に足場の安定した場所に必ず設置して下さい。

ジャバニーズは、おしゃべり好きな猫なので、良く鳴いて飼い主さんとおしゃべりをします。
多き声で鳴く事は無いので、マンションや集合住宅でも近隣に迷惑を掛けずに飼育が可能です。

ジャバニーズは、焼きもちやきなので、他の動物や犬や猫との多動飼育は難しいので、多動飼育は、おススメ出来ません。

ブラッシングは、週に1回~2回程度してあげて下さい。
被毛が汚れてきたり、臭いが出てきたらシャンプーをしてあげて下さい。

ジャバニーズの価格

ジャバニーズは、日本国内では取り扱っているペットショップやブリーダーがいないので、日本国内では、希少価値のある猫種です。

アメリカ原産ですが、アメリカでも数少ない猫種なので希少価値のある猫です。

ジャバニーズの販売価格は、ほとんど取引が無いのでペットショップや取引のした事がある人等に価格を確認をしてみて下さい。

アメリカ国内でもほとんど取引をされていたのも、ごく僅かなので価格調査だけでも時間が掛かってしまうかも知れません。

ジャバニーズの特徴

ジャバニーズは、ごくまれにしか産まれる事が無いので、希少価値は高いです。
日本国内でも、ほとんど見る事のない猫種です。

鳴き声のパターンは100種類以上もあります。

ジャバニーズの体型は、首や手足等の体の部位すべてが細長くスリムな体型していて、尻尾は長めでフサフサした被毛をしています。

頭部は小さく、耳と耳の基部は大きくて、目はアーモンド形で濃いブルーです。

ジャバニーズの歴史

ジャバニーズは、カラーポイント・ショートヘアから、ごく少しだけ生まれてくる、長毛の猫を基礎にして、1940年代の後半から繁殖を開始された猫種です。

CFAでは、1987年に公認をされた猫種になります。

サイアミーズと違う特徴は、被毛の長さと毛色。
被毛は中くらいの長さで、尻尾は中くらいの長さで、フサフサした毛をしています。

毛色は口元、耳、手足、尻尾だけに色があるポイントカラーをしています。

ジャバニーズの名前の由来は、ジャワ島の踊り子からですが、その発祥とは関係がありません。

まとめ

今回ご紹介をした、ジャバニーズですが原産地のアメリカ国内でも出生率が、低く、アメリカ国内でもほとんど見る事の無い猫種を紹介をさせて頂きました。

ジャバニーズを見る機会がありましたら、希少価値が高い猫なので縁起物として写真を撮ってみたらいかがでしょうか。