時事ネタ

飲食店でコロナの感染リスクを減らして会食が出来る方法はあるの?

コロナが蔓延しているので、感染のリスクを低くする為に飲食店に行く機会が減ってきていますが、飲食店に行っても感染リスクを減らして会食をする事が出来るのでしょうか?

今回は、飲食店でコロナの感染を低くして会食が出来る方法についてまとめてみました。

感染リスクを低くして会食する方法とは?

感染リスクを低くして会食をする方法はいくつかあります。

人数

会食をする場合の人数を制限する事で、感染のリスクを低くする事が出来ます。
1度に会食をする場合に少人数で会食をする事によってコロナに感染をするリスクが、低くなると言われています。

少人数の目安として1つのテーブルに4人以下にする事が推奨されています。
ただし、テーブルの数も多くならない様な少人数で会食を行なう様にして下さい。

会食最中

会食をしている最中は、マスクの着用が難しいので大きな声で話さない事で感染のリスクが低くなると言われていますので、大きな声で話をしない様にして下さい。

会食の最中も出来るだけ密にならない様に間隔を開ける様にして下さい。
間隔が近い事で、密になるので密にならない様に注意をして会食をする様にして下さい。

食事を食べる前に手を洗って消毒を行なって下さい。

支払い

会計をする時は、なるべく現金での支払いを控えて下さい。
硬貨に菌が付着している可能性もありますので、硬貨に触れる事で感染のリスクが高くなってしまいます。
万が一硬貨に触れた場合は、顔や目に触らず直ぐに手を消毒する様にして下さい。

会食で支払いをする時は、なるべく電子マネーで支払いをする様にして下さい。
電子マネーで支払いをする事で、硬貨に触らずに済みますので感染のリスクが低くなります。

クレジットカードを使う場合も出来るだけコイントレーに置く様にして下さい。
直接人の手に触れない様にする事で感染のリスクが低くなると言われています。

他の感染対策方法

他に出来る感染対策として、飲食店に入ったら必ず手を洗って消毒をする様にして下さい。
また、マスクも出来れば料理が出てくるまでは付けておく様にしておく事で感染対策になります。

お店側が出来る感染対策とは?

お店側も感染対策をしっかりおこなわないといけませんが、どの様に行なったら良いのでしょうか?

  • 従業員の体調管理(検温・アルコール消毒)をしっかり毎日行なう事で、感染対策になります。
  • お客さんの入店時に体温チェックを行なう事で、店内に菌を持ち込む可能性が低くなります。
  • アルコール消毒液を各テーブルに配置をするか店内の入口に置いておく事でお客様にアルコール消毒をしっかり行なって頂く事で感染対策になります。
  • 不特定多数の人(従業員・お客さん・納品業者等)が触れる場所は、こまめにアルコール消毒をする事で感染対策になります。
    また、注文をタブレット端末で行なっているお店は、タブレット端末もしっかり消毒する必要があります。(タブレット端末からの感染が確認された事があります。)
  • 箸やスプーン等は、出来れば使い捨ての物を使用する事で、感染対策に繋がります。
    必要以上に箸やスプーン等を一度に提供をする事で、ウイルスが付着してしまった物を他のお客さんに提供してしまい感染のリスクが高くなってしまうので、必要以上に提供をするのは、控えた方がよいでしょう。
  • 会計をする時は、直接硬貨に触れてしまうと感染のリスクが高いので、コイントレーでの受け渡しを行なう様にする事で、感染のリスクが低くなります。
    出来れば、電子マネー等の支払い方法に変える様にする事で、感染のリスクがより低くなりますので、電子マネーの支払い方法が無い飲食店は、検討してみてはいかがでしょうか?

これらの方法をいくつか同時に行なう事で、感染のリスクが低くなりますので、飲食店で働いている方は、試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

お盆時期に入ると大勢での会食の機会が増えてしまう事が多いですが、まだコロナが蔓延しているので、出来るだけ少人数で会食を行なう様にして下さい。
もしくは、1店舗での会食にしないで複数の店舗に分かれて会食を行なっている方もいますので、お盆時期に集まって会食を行なう場合は、複数の店舗に分かれて会食をするのもいいかもしれませんね。