猫の飼育

猫が網戸を開けて脱走するのと網戸で爪をとぐ原因と対応方法!!

今回は、よくご自宅の猫も網戸で爪とぎや登っていて注意をした経験がないでしょうか?
何故、猫は網戸を開けて脱走をしたり登ったり爪とぎをする理由と対策方法についてご紹介をさせていただきます。

猫は網戸を開けて脱走をしたり爪とぎをする理由

網戸を開けて脱走する理由

猫が網戸を開けて脱走をするのは、猫は基本的に好奇心旺盛なので外にいる鳥や虫を捕まえたくて脱走をしたりします。
またガラス越しだと外の臭いがわからないので網戸だと臭いや風を感じて脱走をしてしまう猫もいます。

網戸を開けて何故脱走をするのかを簡単に言うと、単純に外に出たいからが理由になります。

網戸で爪とぎをする理由

網戸で爪とぎをするのは、基本的に飼い猫の場合、爪とぎで爪とぎを猫はしますが、網戸で爪とぎをすると当然飼い主さんは、猫を叱ると思いますが、猫は頭が良いので網戸で爪とぎをする事で、飼い主さんに構ってもらえると思い網戸で爪とぎをしていると言われています。

また網戸で爪をとぐと網戸の網目に爪が引っかかる事を遊びと考えている事で網戸自体を爪をとぐ場所と認識をしている猫もいます。

網戸を登る理由

猫が網戸を登る理由としては、猫が網戸に登って運動不足を解消している猫もいます。
特に室内で飼われている猫は、運動不足の猫が多い為、網戸を登る事で運動不足を解消しています。

猫科の動物は、基本的に高い場所から獲物を狙う習性がありますので、習性のせいで高い場所で周囲を確認をしている猫もいます。

網戸を登る事でストレスを発散している猫もいます。
網戸から虫や鳥を見えた時は、猫は興奮をして網戸に登って捕獲をしようとします。

網戸を開けて脱走をする・網戸で爪とぎをする・網戸を登るデメリット

猫が網戸を開ける・爪とぎをする・登るにはメリットがほとんどありません。
デメリットしか無いので、見かけた時は声をかけて辞めさせる様にしましょう。

網戸を開けて脱走をするデメリット

外に出る事で、何かしらの感染病にかかってしまう可能性があります。
ベランダから落ちてしまう可能性もありますので、網戸を猫が開けれない様にしてあげて下さい。

網戸で爪をとぐデメリット

猫が網戸で爪をとぐと網戸が痛み防虫効果が半減してしまうのと、猫の爪を傷めてしまう恐れがありますので、猫が網戸で爪をといでいたら、注意をしてあげて下さい。

網戸を登るデメリット

網戸を登ると網戸を傷めてしまいのと網戸から猫が転落をして怪我をしてしまう可能性がありますので、網戸に登ったら注意をしてあげて下さい。

網戸にイタズラをしない様にする為の対策

網戸から脱走をさせない様にする為の工夫

網戸を開けて脱走をさせない為に、ホームセンターで売っているストッパーを付ける事で、猫の頭が入らない程度にしか網戸が開かない様にしてしまえば脱走防止になります。

他の脱走防止アイテムは、網戸の外側に農家等で使われている、カラスよけのネットを張ってしまえば脱走防止になります。ネットは、ホームセンターの園芸コーナーで売っています。

網戸で爪をとがせない様にする為の工夫

網戸で爪をとぐのを防止するには、何個かありますが、それなりのメリット・デメリットがあります。

網戸に粘着テープ等を貼る

網戸に粘着テープを貼る事でネバネバしているので猫が爪をとがなくなります。

メリットとしては、費用が格安で出来ますが、デメリットとしては粘着部分にゴミがついて汚くなってしまいます。

強度のある網戸に張り替える

強度のある網戸に張り替える事で、網戸が爪で引っかかったりしても痛む事が少ないので網戸に穴が開く事は少なくなります。

メリットとしては、網戸に穴が開きにくくなるのと、脱走防止にもなりますが、デメリットとしては、強度のある網戸に張り替える費用がかかってしまう事です。

網戸に登らせない為の工夫

猫が網戸に登らなくさせる為には、キャットタワー・飼い主さんが遊んであげる等で十分に遊ばせる事で網戸の存在を忘れさせる事です。

猫が網戸に登りたがる理由が、外の景色を見たがっている場合もありますので、窓の近くに猫が登れる場所を作ってあげる事も有効です。例えば、キャットタワーを窓の近くに移動する事でも十分有効だと思われます。

まとめ

猫が網戸にいたずらをするのは、様々な理由がありますが、猫が怪我をしない様にしてあげる事も、飼い主さんにとって重要な事なので、いろいろ試してみて下さい。